住宅の断熱化と健康影響に関する 全国調査結果を読み解く

医療分野と建築分野の専門家が集まり、2014年から4年にわたって住宅の温熱環境と住まい手の健康に関する大規模な調査研究が行われました。
今回のワークショップでは、この調査に委員として加わった、愛知医科大学の柴田英治先生を講師としてお招きし、調査結果の概要を解説いただくと共に、結果の分析から得られる知見について、医学的視点からレクチャーをいただきました。
また、後半はいつものように工務店メンバーとの意見交換を行い、調査結果をどう活かしていくか、健康住宅とは何か、といったより掘り下げた議論が行われました。

 

----【このコンテンツはSAREXメンバー限定です】----

既存ユーザのログイン