工務店としてのスタミナづくり

今回は、ワークショップ特別編です。

第1部でSAREXコラボレーターの岩下繁昭氏より「未来住宅の現在マップ」と題して講義をいただき、話題のZEHをどう考えるか、工務店として進むべき方向性とは、といった議論が白熱しました。

第2部は「工務店力を強化していくために」。人材の確保、育成、雇用形態、賃金・処遇などの課題に取り組んでこられた鈴木貴雄氏(鈴起建設)、田中健司氏(田中工務店)、山田一元氏(山田建設)を中心に、人材という切り口から工務店の競争力について討議を深めました。

第3部は「工務店の進む道―悠々と綿々と」。パネリストの小林伸吾氏(小林建設)、迫英德氏(シンケン)の実践をお聞きし、さらに参加工務店を巻き込んで工務店の現在的な課題から次世代へ向けて今すべきことまで、多岐にわたる議論が展開されました。

—-【このコンテンツはSAREXメンバー限定です】—-

既存ユーザのログイン